記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

地点 『スポーツ劇』感想

3月 6日(日)原作:イェルフリーデ・イェリネク演出:三浦 基音楽:三輪 眞弘   イェリネク作の『スポーツ劇』は、登場人物がそれぞれのモノローグ(独り言、独白)を発言して言葉を連ね、競い合うスポーツの中に、古代ギリシャの復讐物語の人物や戦争の代替として行われるスポーツをモチーフにした舞台、ということになっている。この作品を鑑賞して日本人が当然イメージするのは、2020年に開催予定の東京オリンピックにつ...

続きを読む

劇団地点 『スポーツ劇』 プレイベント レクチャーの感想

2016年 2月25日≪レクチャー 講師:福岡麻子(神戸大学国際コミュニケーションセンター 准教授)≫ イェルフリーデ・イェリネクという劇作家について、今回劇団「地点」が取り上げるまで、その存在を知らなかった。彼女は、2004年にノーベル文学賞を受賞しており、戯曲という表現世界において多大な貢献をしている作家らしい。そうはいっても、演劇界に明るくない僕はこのノーベル賞級の作家の凄さなんか分かるはずもない。では、...

続きを読む

劇団地点 「ファッツァー」

劇団地点 2016年公演 1月14日『ファッツァー』 ファッツァーを初めて観たとき、「ファッツァー」という言葉を連発する意味は何なのか、ずっと気になっていた。それは人間が認識する観念とか、自然の現象すべてに呼称されていて、一人の行動からどんどん演繹して、あまねく概念のことを指しているのかと思っていた。非常に抽象的な表現で、これは笑いどころなのかもしれない。でも、僕にはこの作品に、ファッツァーという人物が...

続きを読む

ミナモザ 14回公演 「彼らの敵」

時:2013年8月11日公演主演:西尾 友樹作・演出:瀬戸山 美咲<あらすじ>(ミナモザ公式HPより)1991年3月、パキスタンのインダス川で川下りをしていた日本人大学生3人が 強盗団に誘拐される事件が起きました。3人のうち1人は伝達係として解放されましたが、残りの2人は44日間、監禁されました。2人のうちのひとりである服部貴康さんは、帰国後、週刊誌のカメラマンに追われ、 激しいバッシングにさらされ、苦悩する日々を送る...

続きを読む

プロフィール

プロハルチン

Author:プロハルチン
演劇ってわかりにくいっていう方の参考になるといいかなと思ってます。
自分も勉強しながらなので、楽しみながら悠々と。

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。